レッドビーシュリンプ飼育してみた

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

【三日目】立ち上げ初期の茶ゴケ、緑ゴケとの戦い

みなさん、おはこんばんちは。
水槽立ち上げ十七日目、コケが発生から三日目のredbee379です。

苔を食べるレッドビー
レッドビー水槽に茶ゴケとアオミドロが発生してから三日目となりました。
水槽立ち上げ初期にコケが出るのは仕方がない。
むしろ生物ろ過がうまく回り始めて、あと一歩の段階と認識しています。
よって、現段階では水槽内には手を加えず静観しています。
?「コケだぁ、水替えしろお」
「待て、あわてるな、これは孔明の罠だ・・・」
「植物性プランクトンが増えれば、茶ゴケは勢力を失う(はず」


アオミドロが勢力を伸ばしてきても困るため、照明点灯時間を減らした程度ですね。
減らしたといっても九時間(±一時間)ほどは点灯しています。
タイマー管理にでもしないと無理だな。

トップ画像では水槽ガラス面に付着したコケをレッドビーが掃除してくれています。
いつもはモスやソイルをツマツマしてますが、
コケが生え始めてからはガラス面でツマツマする姿をよく見かけます。

ブラックビー抱卵個体
コケをツマツマする姿をよく見かけると言っても、所詮勢力は二匹なんで、
目に見えてコケが減っているという状況ではないですね。
じゃ、レッドビー増やせばいいじゃん(*゜∀゜)=3!!、と思いましたが。
抱卵個体がいるので、どうせ数は増えるはず・・・我慢しましょう・・・

抱卵個体と言えば、卵の色が黒っぽかったのですが、一つ赤っぽい卵を確認しました。
調べてみると赤色だとふ化直前という情報を目にしました。

出来れば写真撮りたいのですが、
明るい間は、スポンジの真下の暗がりになっているところでじっとしている。
電気を消せば出てくるのですが、写真撮るために明るくするとまた引っ込んでしまう状況ですw

関連記事

テーマ:熱帯魚 - ジャンル:ペット

  1. 2016/01/29(金) 18:41:31|
  2. コケ
  3. | コメント:0
<<ブラックビー抱卵個体、稚エビふ化の巻き | ホーム | 【二日目】茶コケとアオミドロとの戦い>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。