レッドビーシュリンプ飼育してみた

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

【鵜の真似する烏】茶ビーを受け入れる

みなさん、こんばんは。
redbee379です。

前回のブログで稚エビがの生存率が低いと書きました。
もちろん生存率がゼロではありません。
ポツポツと成長してくれていますが・・・

DSC01909_20160529.jpg
また赤白以外が増えるのか・・・
そうなんです、現在残っているのはレッドビーシュリンプは少なく。
白や茶色。


DSC01907_20160529.jpg
上の画像も一見、赤っぽく見えますが経験則より茶になりそう・・・

こうなるともうね、受け入れるしかない。
初対面の印象が悪いほうが案外話してみると仲良くなれるというか。
仲が良いほど、お互いの意見が割れたときに
「なぜ分かってくれない」という感情で喧嘩になってしまうというか。


相手の悪いところ、気に入らないところを受け入れる。
これが出来れば必要以上に期待しない。
そして期待しなければ絶望しない。


僕も今は好きじゃない茶ビーを受け入れよう。
そうだ、某スポーツを参考にして
色んなルールを受け入れてみよう!

リオ五輪出場権を懸けてバレーボールの大会が開催していました。
このバレーボールがね、他のスポーツの良いとこどりをしています。
僕も見習わないとね。

今大会のバレーを見て驚いたのが、
「ワンセット取れば日本の五輪出場が決まります」

日本対イタリアだったかな。
実況がそう連呼していました。

正直、僕の頭は混乱状態。
「いや、ワンセット取ってもまだ勝ち確ちゃうし」
イタリアがリードしている中でなぜ日本の出場権が決まるのか?

全く理解できず、バレーに詳しい人に見解を求めます。
「バレーは勝負に負けても、2セット取れば勝ち点1もらえる」

コーヒー吹いたわw

勝ち点で有名なのはサッカー。
勝てば三点、分けで一点、負けでゼロ点。

一見、似たようなものですが。
サッカーは引き分けが多い。

これによって、駆け引きが生まれます。
引き分けでよいのか、勝ちにいかなければならないのか。

あなたが弱小サッカーチームの監督だとして。
強豪チームと戦うときにどう戦略を立てるか?
引き分けを狙うところから考えるでしょう。

守れるシステム、ディフェンスが上手い選手、狙いはカウンター。

では、バレーはどうでしょう?
そもそもバレーに引き分けはない。
5セットのうち、3セット取れば勝ちで。
引き分けという概念はないスポーツ。

2セット取ったらと勝ち点1という
システムをなぜ採用したのでしょうが・・・

中途半端すぎないか?
これ戦略も駆け引きもクソもないっすよね(汗


2セット狙いに行けるチームなら、勝ち狙うよなw
もしかしたら、イタリアに負けたけど、2セット取って出場決めたから
意味があるって言う人いるかもしれないけど。

2セット取れるなら3セット取りに行くし、
弱いチームがどう戦うかを考えられるルールじゃないっすよね?

どう考えてもバレーを盛り上げようとした協会の
間違った施策にしか見えない・・・

気を取り直してもう一つバレーが取り入れているルールを紹介しましょう。
それがチャレンジというもので。
まぁ、審判の判定に異議を唱えビデオ判定を実施するというもの。
大リーグで導入されていますが、流用したのかな?

試合途中で監督が顔真っ赤でチャレンジを要求。
チャレンジ要求→失敗→すごすごとベンチに戻る。

次に相手の監督が報復のように、チャレンジ要求。
要求→失敗→ベンチに戻る。
アホすぎw

選手が要求すると大概チャレンジ成功。
まぁ、一番近いところで見てるのは選手なんで。
正直、チャレンジ要求は選手に任せればいい。
そう感じました。

監督が顔真っ赤にして要求するもんじゃないよな・・・

特にバレーは野球と違ってチャレンジ要求したいポイント多すぎる。
タッチネットやライン際。
試合中に何度も審議したいポイントがあります。

こういうスポーツでチャレンジ制度は導入してはいけない。
ガチで試合が止まりまくって萎える。
一番の問題は誤審多すぎ
一体、何度判定がひっくり返ったか。
こうなると審判へのリスペクトもあったものじゃない。

なぜ、サッカーが導入に否定的なのか、
または導入してもゴール判定のみ検討とかしてるのかなぜなのか?
バレーも学ぼう?な?

なんでもかんでもメジャースポーツのルールを
導入すればよいってもんじゃないですね。

さて、バレーボールのように他のスポーツの良いところを取り入れる。
今、僕の水槽には様々な色のエビが生活していますが。
同様に良いところを取り入れよう。

そう考えてブログを書き始めましたが。
バレーボールで考えたのが不味かったのか。
やはりそもそもが違うのに取り入れるのが無謀なのか。

全く、茶ビーの良いところが思い浮かばず、
そっとブログを閉じようと思います。
本当にありがとうございました。
関連記事

テーマ:熱帯魚 - ジャンル:ペット

  1. 2016/05/29(日) 18:43:45|
  2. レッドビーシュリンプ
  3. | コメント:2
<<半年ぶり?の更新 | ホーム | 第1回アクアリウム失敗談選手権予選1回戦>>

コメント

こんにちは〜

バレーはチャレンジなどルールかなり変わってますね。

成功がちょくちょくあるほど誤診多いんですよね。

テニスもありますね。

あの速さでは難しいんでしょうか?

茶ビー受け入れも1つのルール変更ですね。
  1. 2016/05/30(月) 12:45:54 |
  2. URL |
  3. 蜜柑海老 #-
  4. [ 編集 ]

バレーのことで さすがに気になったので コメント記載します(笑)

勝ちは3点 負けは0点 のみ だったと仮定してお話ししますね。

1試合目:とっても強い国 3-0 とっても弱い国
2試合目:とっても強い国 3-2 とっても普通の国


上記の場合は、

1試合目は、とっても弱い国は 勝ち点0点でいいと思います。
ただ2試合目の とっても普通の国は 2ゲームも取って接戦だったのに関わらず、「とっても弱い国と同じ勝ち点0点」では、少し違うかと思います。

負けた試合もその、内容をスコアに反映するために あえて2ゲームとったら勝ち点1点にして同じ負けでも差別化を図っていると思います。
  1. 2016/05/31(火) 17:46:16 |
  2. URL |
  3. クロシマ #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。