レッドビーシュリンプ飼育してみた

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

第1回アクアリウム失敗談選手権予選1回戦

みなさん、こんばんは。
redbee379です。

前日の日記で稚エビが少ない気がすると書きました。
どこか見えない場所に隠れていると信じていますが。

それでも見た目少ない以上、何か手を打たなければ。
といっても理由が分からず手を加えるのも悪手。

うーむ、以前ブラックビー抱卵個体からは10匹残ったんだけどなぁ・・・
あのときとの違いは何だ。


熱帯魚ファン
これしか思い浮かばない。
当時は23℃固定だけど、今は一日で温度差あるからなぁ・・・
効果のほどは分かりませんが、
水温幅を少なくするのは悪いことではなかろう。


さて、ここからやっと本題です。
「日本人は世界一説明書を読まない」
この言葉をどこで見聞きしたのか?
正直な話覚えていません。

日本の製品は感覚で操作できるところまで
製品が出来上がっているからとうろ覚えですが記憶してます。

僕は一応、説明書に目を通すのですが、
それでも失敗しました。

単純にファンを水槽に固定して、サーモを水に突っ込む。
電源を入れて作動を確認。

ブォーンと音がし、ファンが回り始めました。
うーん、結構うるさいな。
まぁ、すぐに止まると思っていたのですが。


ブォーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーン
???
止まらないんですけど(汗
ていうか、23℃だからそもそも作動してるのがおかしい。
もう一度、接続等見直しますが、原因が分かりません。

そういえば、どこぞの製品レビューで
25度未満に下がってもファンが止まらない。
サーモのケーブルが短くて水槽に設置しにくい
とありました。

「ちっ、初期不良かよ」

僕はこのレビューを思い出し、
もう一度、説明書を読みます。

CFT-60 サーモはケーブル長いほう
う・・・画像右側のを水槽に突っ込んでましたが、
サーモは左側の奴だったわ・・・

右のは、ファン増設するための予備ケーブルかな。
それを突っ込んでました。

いや、形状似てません?
間違えた人いますよね(汗

レビュー書いた人。
僕と同じ間違いしてますよ。
サーモは長いケーブルのほうな・・・

顔真っ赤にしてレビュー書いたり、
電話する前に説明書を読み直しましょう。

僕はレビューを見てやっぱり自分の接続は正しい、
不良品め!と顔真っ赤にしてしまいましたからね。
関連記事
  1. 2016/05/24(火) 21:57:44|
  2. アクア用品
  3. | コメント:0
<<【鵜の真似する烏】茶ビーを受け入れる | ホーム | うーん、稚エビが少ない気がする>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。