レッドビーシュリンプ飼育してみた

やっとメダカの稚魚が餌食べ始めたぞ

こんばんは。
redbee379です。

前回書いた記事の脱皮失敗したエビちゃんは、
残念ながら次の日に☆になってしまいました。

メダカ水槽にする予定の水槽からは全てレッドビーシュリンプを移しましたが、
他は全匹元気にツマツマしてるのでたまたまかな?・・・

気を取り直して行きましょう。



メダカ稚魚立ち泳ぎ
サテライト内のメダカの稚魚です。

この稚魚はいつも底に沈んでいます。

他の稚魚はみんな水面を泳いでいるので、先は長くないかな?と
思っているのですが、思いのほか元気です。

画像の赤丸が稚魚ですが、底から水面に上昇する際、
立ち泳ぎみたいになって泳いでるんですよね。
しかも餌を入れたときだけw

まさか太刀魚じゃないよな?


メダカの稚魚はふ化して二日目くらいから餌を与える必要がある。
稚魚の主な死因は餓死というのを目の当たりにして
二日目からせっせと餌を与えてますが、全然食べません。

四日目くらいからようやく食べるというか突っつく場面を見れました。

水槽内のメダカ稚魚 (2)
うわぁ、赤丸で囲んでも全然見えねぇ。
精○が泳いでるのか稚魚が泳いでるのかいまだに分かんねぇもんなぁ。

水槽内の稚魚は見た目でかくなってきている気はしますが、
画像だと全然分かりませんね。

なんだかんだでこの二匹はふ化して一週間経過しました。
一応、四匹いるはずなんだけど。
確認できるのはいつも二匹です。


こいつらも餌を食べ始めたのは四日目くらいからです。
最初は餌入れても興味示さずに動いてるミジンコ追いかけてましたからねぇ。


最初のふ化から5匹が立て続けにふ化しましたが、
残りの卵がいまだにふ化しないです。

といっても白カビが生えているわけではなく、
目ん玉が確認できるのでタマゴ生んだ日にちが違うんでしょうね。


style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-9202012534192555"
data-ad-slot="6969063628"
data-ad-format="auto">

テーマ:熱帯魚 - ジャンル:ペット

  1. 2017/03/28(火) 18:28:27|
  2. メダカ
  3. | コメント:0

これが脱皮不全って奴か?

こんばんは。
redbee379です。

水槽を見ると脱皮後の殻が落ちてました。
よくある風景ですが、なぜかその殻が移動してるんですよね。

もちろん、殻をツマツマしてるうちに移動してしまった。
そう考えるのが定石かと思いますが。

IMG_20170322_120304_convert_20170322122747.jpg

水槽の奥から手前まで移動してるのを見ると、
「ん?」と思わざるを得ません。


よく見るとツマツマしてないし。
なんかグッタリしてる気がするし。
体が真っすぐじゃなくて斜めになってる気がするし。

これは・・・殻が引っ付いてるんじゃないか・・・

対処に困りましたが、ピンセットで殻をつまんで引き上げてみます。
うーん、エビも引っ張られてきてる。

とりあえず殻をつまんで振ることでなんとか取れるだけ取りました。
※この対処が正しいかは分かりません

脱皮不全のレッドビー

メダカを入れる予定の水槽からとりあえず二匹移動してきたのですが、
もう一匹は新しい環境に興奮してるかのようにツマツマしています。
まぁ、様子見ですね。

テーマ:熱帯魚 - ジャンル:ペット

  1. 2017/03/23(木) 19:27:04|
  2. レッドビーシュリンプ
  3. | コメント:0

メダカのふ化にサテライトは使えるのか?

どうも、こんばんは。
redbee379です。

メダカの卵をいただいて、
ふ化のさせ方なんかをネットで調べました。

その中でサテライトを使うメリットとして以下のように記載がありました。

・水替えが楽
エアリフトで水を循環させるため

・温度管理が楽
水槽内の水を循環させるため

・卵と稚魚の様子が観察しやすい
横からも上からも見えるため

もうこれはね、買うしかない。
最初はペットボトルの底を切ったものを使おうと思ってましたが、
上記のメリットがそのままデメリットになるんでね。

スキップしながら買いに行きましたよ。
ここまで幸せでした。

現在では、メダカの稚魚には合わないのではないか?
そう考えています。

サテライトの部品
上記画像はサテライトの部品ですが、
左がサテライト内を上下に仕切るものです。

これで上が親魚。
下が卵もしくは稚魚で分け、
お互いに行き来できないことで食害を防ぐ。

でも気づいたらふ化した奴みんな上におったw
メダカの稚魚にはこのスリットが広すぎるようです。

そして画像右側の部品が排水部分の格子となってます。
これもスリットにより、稚魚が流されることを防ぐのですが、
やはりメダカの稚魚には小さすぎる。


じゃあ、どうすんの?ってことでこの排水口のところに、
ウールを詰めたりしたんですが。

そのウールに稚魚が絡まる始末。
ウールのように毛羽立ったものだと絡まるので、
現状、マスクを切って使用しています。

マスクの中身
マスクって中身が三枚で構成されてるんですね。
知らなかったw

最初は目が粗いもので大きなゴミを取る、
二つ目で小さなゴミを取る。
三つめは肌触りをよくする。
見て触った分はそんな感じでしょうか。

昔、インフルエンザが大流行してるときに会社からマスクが支給されて
三枚でワンセットの結構高そうな奴だったんだけど。
構造とか違うんだろうか。


サテライト排水口をふさぐ
というわけで、マスクの切れ端で排水口を塞ぎました。
しかしこれはこれで問題が。

ポタッ、ポタッ気づくとサテライトから水があふれてしまいました。
マスクすげぇな。
水分子すら通しにくくするこの構造。
ホントに花粉とかPM2.5?とか悩まされる人は付けたほうがいい。

というわけで無理やりつまようじで
マスクの切れ端に穴をいくつか開けて排水量を多くしました。

下手に外出したりしたら水槽の水、全て部屋にぶちまけると考えると
改造はオススメできません。

空気の量多くすればまたあふれるかもしれんし。


メダカブログにはいかにもサテライトがふ化に最適みたいにかいてあって、
そこから上のようにアマゾン、楽天に飛ばして買い物させようとしてたけど。
いいか、お前ら。
絶対に買うなよ。絶対だぞ!!!

テーマ:熱帯魚 - ジャンル:ペット

  1. 2017/03/22(水) 19:44:31|
  2. メダカ
  3. | コメント:0
次のページ