レッドビーシュリンプ飼育してみた

【モスラ子】うちのエースが抱卵した!!!

みなさん、こんばんは。
水槽立ち上げ77日、抱卵28日目。

二日前が稚エビのハッチアウト予定日でしたが。
いまだ稚エビを見ていません。

ふ化寸前の抱卵個体
まぁ、ふ化してすぐはソイルの隙間などに
隠れているといったことも見たことがあります。
ハッチアウトしてるけど、姿を見てないだけ。
こう自分に言い聞かせながら毎日を過ごしています。

TOP画像は昨日かな?給餌したときの画像です。
うーん、少し卵は減ってる気がする。

ちょっとブラックビーシュリンプ抱卵個体を探してみましょう。

ヒーターの凸凹に隠れるブラックビー
こいつ、いつもヒーター裏のプラスチックの穴に入ってるんで、
給餌の際しか見かけません。
丁度、穴からは出てきたけど、卵の状態は分かんねぇや。
いずれにしてもふ化までの計算式ではとっくに稚エビみてもよさそうなんですが。


一抹の不安を覚えつつ、水槽内を見渡すこと2分32秒。
衝撃の事実が。


レッドビーモスラ抱卵
まじかよ。
うちのエース(1000円)のレッドビーシュリンプモスラ子ちゃん(1000円)が抱卵してる・・・
そうです、この子はうちの水槽最大の功労者

1cmちょっとくらいの大きさで迎えたのですが、
大きくなるにつれてメスだろうなと思ってましたが・・・
これで7匹目か。
1匹あたり10匹程度の稚エビが成体になることを見込んでます。
1か月後には95匹ほどのエビがうじゃうじゃ・・・

目をつむって想像していたら気持ち悪くなってきましたw

テーマ:熱帯魚 - ジャンル:ペット

  1. 2016/03/31(木) 19:43:42|
  2. レッドビーシュリンプ
  3. | コメント:0

【イオン交換】ソイルが弱酸性にする仕組みPart3

どうも、こんばんは。
redbee379です。

ソイルは陰イオンという事実を知り、
多くの謎を解き明かしたredbee379。
今回はソイルが水質を弱酸性にする理由を解き明かす(キリっ


ソイルの吸着効果、前回の振り返り


土壌(ソイル)はマイナスの電荷を帯びている。
そのため、ソイルはプラスの陽イオンを吸着する。

CaイオンとMgイオンは陽イオンのため、ソイルに吸着する、
これで水道水は軟水の水質になる。

では、若干アルカリ寄りの水道水はどういった仕組みで
弱酸性に変化するのだろうか?


マスターソイルノーマル袋

ソイルは何を吸着し、何を手放しているのか?


前回のソイルの仕組みPart2に記載しましたが、
何かを吸着するには既に吸着している何かを手放さなくてはいけません。
イオン交換ってやつですね。
まずは、水槽内でアクアリストが目にする陽イオンを挙げてみます。

水素イオン(H+)
カルシウムイオン(Ca2+)
マグネシウムイオン(Mg2+)
アンモニウムイオン(NH4+)
う・・・思ったより少ないけど、思いつかない・・・まぁいいや。
これらはどういった優先順位でソイルに吸着されるのでしょうか。

結論を言うと、原子価によって決まるようです。
昔、習った結合の手の本数ですね。
水素は一本の手、酸素は二本の手を持つ。
酸素に2つの水素が結合して水になる。

ということは・・・
Ca2+>Mg2+>NH4+>H+
上記の優先順位となります。
※左側ほど吸着する、右側ほど離しやすい

ソイルはイオン交換により水素イオンを放出し、弱酸性とする


なるほど。
マスターソイルの袋に軟水の水を作ると記載ありました。
これはカルシウムイオン、マグネシウムイオンを吸着する意味ですが、
それと交換して元々吸着していた水素イオンを手放していることが分かりました。

ソイルの仕組み1

ソイルの仕組み2
※画像はイメージです

これにより若干アルカリ性の水道水が
水素イオンの数が増え弱酸性としている・・・
よく理解できました。

他に流木から出る色素を吸収。
水の透明度を保つと書いていますが、
大体の予想は付きますね。

さて、次回は栄養系ソイルと吸着ソイルの違いについてです。
名前が違いますが、具体的に何が違うのか。
恐らく、ピンと来ている方も大勢いらっしゃるはず。

★→【最新】人気のソイルは?最安値をチェック!!【楽天】★

このエントリーをはてなブックマークに追加

テーマ:熱帯魚 - ジャンル:ペット

  1. 2016/03/30(水) 13:59:31|
  2. ソイル
  3. | コメント:2

予定調和の稚エビハッチアウト!?

こんばんは。
水槽立ち上げ75日、抱卵26日目。
redbee379です。

今日は稚エビのハッチアウトの記事を書く。
そう思っていた時期が僕にもありました。

普段、新聞や本を読んだり、ネットに繋いでいるときも
ブログのネタになりそうな記事を自然と探すようになりました。

マツモにつかまるレッドビーシュリンプ
例えばこの記事
確か新聞の記事で西郷隆盛が記載されて覚えていました。
このように、普段は何をするにもブログネタにならない?
と頭の片隅で考えています。

それでも、今日は予定調和の監査並みにハッチアウトの記事。
何も考えなくていい、そう考えていた時期が僕にもありました(二度目

僕「稚エビハッチアウトしてましたー(棒」
みんな「おめでとう」
僕「ありがとう」
うん、予定調和。


新人の頃に部長から
「海外の視察があって、シミュレーター見たいから操作するフリしといて」
と言われたことがあります。

意気揚々とシミュレーターを使用するフリをしてました。
所詮、予定調和の監査です。
いつのものか分からない検査書を手に持ち、
眉をしかめてときおり、検査書に落書きしながら、
無駄に大きく腕を動かしながら、マウスを動かしていました。

しばらくすると、監査役の推定ドイツ人と通訳兼案内人の会社の人が
シミュレーターのブースに来ました。

推定ドイツ人「へい、このホワイトボードはなんだい?」
そこにはそのブースを使用する人の名前や使用時間などが書いています。
そっちかよ・・・それどうでもいいだろ・・・
日本語だから興味引かれたか?
それ手抜きで適当に書いてるんだけど・・・

どうせ日本語読めないと思って、あいうえおとか書いてるのに。
なぜか案内人はこれはですねとか真面目に喋ってます。

挙句の果てに僕の無駄な動きが通訳兼案内役の偉い人の目に留まり、
「むちゃくちゃ一生懸命デバッグしてたけど、どんなデバッグしとるん?」
興味持ったのお前かよ・・・しかもこれ全く適当に動かしてるだけなんだけど。

結局、多分ドイツ人は親指立ててグッドラックと言って去りました。
お前なに見に来たんだ・・・

この予定調和の監査並みに
稚エビハッチアウトの予定でした。

先ほどまで水槽を舐めるように眺めてますが・・・
稚エビ見つかりません。
皆さんには正式に謝罪します。

明日こそ必ず稚エビがふ化します。
もしふ化しない場合は、本日のこの記事をコピペします。

テーマ:熱帯魚 - ジャンル:ペット

  1. 2016/03/29(火) 22:54:27|
  2. 雑談
  3. | コメント:2
次のページ