レッドビーシュリンプ飼育してみた

モスラ子ちゃん抱卵からもうすぐ一ヶ月

こんばんは。
redbee379です。

モスラ抱卵個体
うちのエースであるモスラ子ちゃん
この子は初めて購入したレッドビーシュリンプ。
まだ雌雄不明の小さな個体でした。

うーむ、調べてみると抱卵したのは23日前か。
ふ化までもうすぐじゃないですか。

とは言っても以前稚エビふ化までの計算式から
1週間ほど稚エビふ化までラグがありました。
来週が目安ですかね。

この抱卵個体は間違いなく赤X赤。
茶色は生まれないはず(多分
しかも我が水槽で一番高価な個体です。

来週楽しみですが、
残念なことが一点。
多分稚エビ生まれても今いる奴と区別つきそうにない・・・

レッドビーシュリンプ抱卵
水槽内にあと何匹抱卵個体がいるのか把握してませんが。
とりあえず、ガラス面で卵を見せつけていた個体です。

この個体も同時期に抱卵したから益々モスラ子ちゃんの稚エビ
というのは認識できそうにないです。

テーマ:熱帯魚 - ジャンル:ペット

  1. 2016/04/23(土) 23:27:01|
  2. 抱卵
  3. | コメント:0

むちゃくちゃ増えそうな予感・・・

こんばんは。
水槽立ち上げ84日。
稚エビふ化4日目。
redbee379です。


僕はブログの冒頭に日にちを書いています。
なぜそんなことを書いてるか?
それは初めてブログ訪問した人や久しぶりに訪問する人が
状況を把握しやすいと考えて書いています。


今までは抱卵→稚エビふ化という順序がありました。
抱卵の様子をブログに書く、
そろそろ稚エビがふ化しそうと記事を稼ぐ。
稚エビのふ化をブログに書く。
稚エビの成長をブログに書く。
いわば、レッドビーシュリンプブログの王道であると考えてました。

4日前にブラックビーシュリンプから稚エビがふ化したので
これからは当分稚エビ日記。そう考えていた時期が僕にもありました。
また抱卵したブラックビーシュリンプ
おいおい、嘘でしょう。
また抱卵してる。
もうちょっと待ってくださいw
当分稚エビ日記でいきましょうよ・・・

実はブラックビーシュリンプの抱卵はある程度予期してました。
ブラックビーの頭の部分が黒くなり卵巣?が見えましたので。
それでタイトルに「またブラックビーか・・・?」と入れたのですが。

ちょっと引きましたw
抱卵しすぎだろう。

特に選別したり水槽増設の予定もない身分からすれば、
思った以上に増えそうで困惑していますw

この二日で稚エビの数もめちゃくちゃ増えました。
以前は10匹前後を数えてましたが、
今は20匹以上います。

ほうれん草をツマツマする稚エビ
少し大きくなった稚エビは一丁前にほうれん草をツマツマしています。
大きさは0.5cm弱ですね。
なんかここ二日で急に大きくなった気がする。
たまたまほうれん草を止まり木にしてるだけで食べてるのかな?
と思いしばらく見ていると。

ほうれん草に寄るレッドビー稚エビ
ガラス面に三匹の稚エビがいるのが分かりますでしょうか?
こいつら明らかにほうれん草の匂いを嗅ぎ付けて泳いできました。
見てると水流に流されている個体もいます。
くっそワロタw可愛すぎ。
0.5cm程度だと立派に親と同じ餌を食べるんですね。

このくらいの大きさだと色が分かりやすいです。
赤ばっかりだと思ってましたが、ちょろちょろ茶色も混じっています。

テーマ:熱帯魚 - ジャンル:ペット

  1. 2016/04/07(木) 18:36:24|
  2. 抱卵
  3. | コメント:2

敗北を知りたい・・・連日の抱卵の舞

こんばんは。
水槽立ち上げ83日。
稚エビふ化3日目。
redbee379です。

一度も失敗をしたことがない人は、
何も新しいことに挑戦したことがない人である
-アルバートアインシュタイン-

その方法ではうまくいかないことがわかったんだから成功なんだ
-トーマスエジソン-

成功を祝うのはいいが、大切なのは失敗から学ぶことだ
-ビルゲイツ-

このように失敗から学ぶ名言は多くあります。
勝って兜の緒を締めよ、盛者必衰という言葉からも
勝って学ぶことは、負けて学ぶことより多くありません。

思い起こせば僕だってそうです。
ソイルがブレイクしてレッドビーシュリンプが☆になったから
ソイルの仕組みを勉強してみよう。

負け・・・とまでは言いませんが、
トラブルがあったから、次は極力回避しよう。
これは非常に重要です。


小学生の子供たちと遊ぶ機会がたまにあるのですが、
自分の思い通りにならない(勝てない)から
やりたくない、またはルールを捻じ曲げる。

鬼ごっこでタッチされそうになると、バリアと言い張る。
大人になって俯瞰的に見ると、
なぜタッチされるのか考えない。
安易に勝ちにいこうとする。
こういう考えの子供は多いです。
特に女w

まれにタッチされるのが悔しいから次はもっと速く走ろう、
どこかに隠れようと工夫する子がいます。
こういうのが大成するんだろうな・・・

抱卵の舞で泳ぐレッドビーシュリンプ
う・・・昨日に引き続き抱卵の舞で泳ぎ続けています。
今では水槽を一目見て、あ、抱卵の舞か・・・
と察することができるようになりました。

もう絶対にこんな記事は書けない・・・
少し寂しさを感じながら水槽を口半開きで見ています。

抱卵の舞で泳ぐ茶ビー
ブラックビーシュリンプ抱卵個体を購入してふ化した稚エビも
ついに舞うようになりました。
ふ化して2ヶ月経過なんでもう大人になったんですね。

7匹の抱卵個体を確認してから、
現在何匹が抱卵しているのか把握していません。

元々このブログは100匹に増やすという目標を立てています。
この三桁は自分の中では難しい目標としていましたが。
抱卵の舞を見ると至極簡単に達成してしまいそうです。

もちろん、レッドビー界の四天王。
夏の水温や殺虫剤も倒さなければいけませんが。

レッドビーシュリンプ抱卵しませんとか、
ポツポツ死起きてしまうとか、
トラブルがあったほうが成長するかもしれません。

あー、もうこれ言っちゃうかぁ・・・
うーん、敗北を知りたい(キリっ

テーマ:熱帯魚 - ジャンル:ペット

  1. 2016/04/06(水) 21:57:30|
  2. 抱卵
  3. | コメント:2
次のページ