レッドビーシュリンプ飼育してみた

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

半年ぶりの水質検査

こんばんは。
redbee379です。

今日はね、半年ぶりwに水質検査をします。
正直、さっさと水質検査試薬を使い切りたいのが半分、
そして純粋に足し水のみの半年経過の水質ってどうなってるのだろうというのが半分。

以前、ソイルの効果について記事を書きました。
僕が勉強した結果によると、
ソイルが陰イオンで陽イオンを吸着する。
その際、イオン交換で電荷が大きいものを吸着し、代わりの陽イオンを放出する。
よって、水素イオンが放出された結果、水質は酸性に傾くだったかな。

そう考えると、水槽立ち上げから一年経過する水槽は既に中性に近いのか。
それともなんだかんだエビの排泄物等で弱酸性を維持しているのか?
※どこかのサイトで魚の餌や排泄物で徐々に酸性に傾くという記事を見た記憶があります

どうなんでしょうか?

半年ぶり水質検査
やべぇ、光で全然見えない、ごめんなさい。
今、手元の試薬を確認します。

まずは、一番興味があったpHですが、酸性だわ
予想を遥かに超える酸性具合。
そして軟水。

亜硝酸塩は真っ白・・・
これは良い水槽ということだったかな。

ビックリしたのが硝酸塩。
試薬の色だけ見るとSafe。
もう少し濃くなるとwater changeと記載されている色です。

エビを入れる前に水槽掃除して1/3ほど水替えしましたが
結構硝酸塩がたまっているいるようです。

結論としてはソイルの効果が効いているのか、
飼育環境で酸性に傾いているのか・・・分かりませんでしたw

あからさまな変化を確認できたのは硝酸塩がたまっているということ。
・・・水替えしよ。
スポンサーサイト

テーマ:熱帯魚 - ジャンル:ペット

  1. 2016/11/28(月) 19:20:22|
  2. 水質
  3. | コメント:0

稚エビが産まれたことだし、水質検査いっとく?

みなさん、こんばんは。
水槽立ち上げ85日。
稚エビふ化5日目。
redbee379です。

稚エビがたくさん
画像に稚エビが4匹写ってます。
そのうち一匹はピンボケしてるので分かりにくいですが。

もうどこを見ても稚エビが目に入る状態になりました。
稚エビ達が無事に大きくなればよいのですが。
とりあえず、50匹ほど大きくなっていただきたい。

ここで気を抜かず水質検査を実施します。


立ち上げ三か月水質検査
うーん、問題なし。以上。
マツモを入れた影響か硝酸塩が
いつもは薄くピンクになるのですが、ほとんど白です。

やはり立ち上げて三か月が経過し、
ソイルの吸着効果が薄れてきたのか
PHも硬度も少しずつ高くなっている気がします。
まぁ、急激に変化しなければ大丈夫でしょう。

本当はそろそろ底床を掃除したいのですが、
ここまで稚エビがワシャワシャいると掃除しにくいです。
間違いなく、一緒に吸い込んでしまいますもん。

レッドビーシュリンプの稚エビ
さて、稚エビですが生まれて一週間くらいは
ソイルの隙間やモスにつかまってじっとしている印象を持ってましたが、
むちゃくちゃツマツマしてます。
ソイルから水草へジャンプして飛び移ったり。

店で購入した個体は結構おとなしかったりするのですが、
この水槽で生まれた個体は元気が良いです。

テーマ:熱帯魚 - ジャンル:ペット

  1. 2016/04/08(金) 17:21:55|
  2. 水質
  3. | コメント:2

水道水でレッドビーシュリンプを飼育してみた

みなさん、こんばんは。
redbee379です。

本日は初心に帰ってブログを記載しようと思います。
そもそも初心とはなんでしょう?
「レッドビーシュリンプの飼育は簡単」にできることをブログで伝えることです。

飼育する前に色々インターネットで調べたのですが、
多くの方が、RO水や浄水器を通した水、市販の天然水を使用したり、
飼育が難しいという印象を受けました。
これからレッドビーシュリンプを飼育しようかなと考えている人で
「水道水で大丈夫?」と考えている人の不安を払拭する!

水道水で飼育しているレッドビーシュリンプ

レッドビーシュリンプは水道水で飼育できるのか?


答えを先に言ってしまうと容易であると考えます。
なぜなら、うちが水道水飼育で繁殖から稚エビの成長まで飼育できているからです。

・水道水を1.5Lのコカ・コーラの空ペットボトルに汲む
・100均のカルキ抜きを入れてシェイク
・冬で水が冷たいため、室内に1日以上置いておく

これね、最初はコーラの匂いが水に付きます。
水質変化に弱いとのことから、このコーラ水を点滴で注水しています。
もしかするとこの微量のコーラが優秀なのかもしれません(嘘

冗談はさておき、抱卵個体が4匹ほど存在する。
稚エビも1cm以上に成長している。
この事実!


水道水で脱皮したレッドビーシュリンプ

カルシウムやマグネシウムの添加は必要か?


僕が見た飼育法では、ある程度硬水が良い。
なぜなら、軟水だと脱皮不全が起こると見たことがあります。
うちの水槽では、脱皮したあとの殻を見ない日はありません。
殻はエビがツマツマしていずれ消えますが、
古い殻が消え去る前に新たに脱皮があります。

現状では、成体12匹が存在しますが一匹も落ちていません。
もちろん今後脱皮不全で☆になることはあるでしょうが、
そのとき硬度不足という結論には至らないと思います。

ただ脱皮に失敗したと考えますかね。
それが立て続けだと何かありそうですが・・・

ちなみにこの記事を書いた時点での最新の水質検査の結果です。
硬度は4°d未満です。
また段々と硬度が上がってきているのが過去の結果より分かります。

仮にレッドビーシュリンプが水中のカルシウムイオンを摂取してるとしても、
生体12匹+稚エビ10匹?程度では、消費量より足し水による積算量のほうが多いってことでしょうか。
最初に飼育するのは5匹から10匹程度でしょうし、
それなら添加の必要はないと考えています。


水道水で抱卵したレッドビーシュリンプ

うちの地域の水道水の水質は?


地域によって水道水の水質も若干異なるでしょうから、
うちの地域の公開されている最新の水質を紹介します。
・pH 7.4~7.6
・カルシウム、マグネシウム等 39.9mg/L

pHは多少アルカリよりですが、ソイルで酸性になってます。
なぜレッドビーシュリンプの飼育にソイルが使われているかというと、
酸性寄りにすることで、有害物質のアンモニアが比較的無害であるアンモニウムイオンに
変えることで水質の変化を防ぐと理解しています。

仮にアルカリよりになると、水酸化物イオンが多くなり、
有害なアンモニアが増えちゃいますからね。
恐らくソイルを使用する理由はこれでしょう。

以上のことから、ソイルさえ使えば何か添加しなくても飼育は容易。
もちろんソイルじゃなくても飼育可能でしょう。
エビは水質変化に弱いとされているのだから、
途中で手を加えるのは逆効果じゃないかなと考えています。

一度、人工的に手を加えると水替えや足し水も同じように手を加えないとダメでしょうから。
飼育が上手くいかない人は、
抱卵しなかったりで気になって水質を変えてしまうパターンが
多いのではないかと考えています。

あー、真面目にブログ書くと疲れますわw
最後に追記しておくと、決して浄水やRO水を否定したいわけではなく。
普通に水道水でも最低限の飼育できるよということです。


ちなみに地域名(○○市)+水道局で、
各市の水道局のHPから水質検査の結果が参照できます。
興味ある方は検索してみてください。

このエントリーをはてなブックマークに追加

テーマ:熱帯魚 - ジャンル:ペット

  1. 2016/03/13(日) 17:52:31|
  2. 水質
  3. | コメント:4
次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。