レッドビーシュリンプ飼育してみた

栄養ソイルと吸着ソイルの違いPart4

みなさん、こんばんは。
redbee379です。

前回Part3の記事でソイルが
水を弱酸性にする仕組みを解き明かしました。

僕が使用しているのはマスターソイルで吸着系と言われてます。
栄養系ソイルと何が違うのでしょうか?


栄養系と吸着系の違い


結論から言うと何も変わりません。

ソイルはマイナスでプラスのイオンを吸着する。
優先度の高いプラスイオンを引き付けると、
変わりに今持っているプラスイオンを引き離す。

元はどっちもただの土。
仕組みは何も変わりません。
元々ソイルに吸着している物が違うってことですね。


ソイルが保持しているイオンの違い


僕は栄養系ソイルを使用したことはありません。
とはいっても水草の養分を含んでいるとのことなので。
栄養系ソイルは以下のようなイオンを含んでるのでしょう。

カリウムイオン(K+)
アンモニウムイオン(NH4+)
他に水草の栄養分でプラスイオンがあれば、
それらがソイルに吸着して、イオン交換により放出しています。

イメージ図
栄養系ソイル

吸着系ソイルのイメージ画像と比較すると、よく理解できます。
栄養系ソイルはアンモニウムイオンやカリウムイオンをたくさん持っていて、
それがイオン交換によって水中に放出される。

吸着系はこれらのイオンを最初にほとんど保持していないため、
水中に放出されない。

他の方のブログで栄養系ソイルを使用し、
アンモニアを計測すると真っ赤になっているのを見ます。
ソイルがイオン交換により、アンモニウムイオンを手放しているからでしょう。

栄養系ソイルのメリット


僕はレッドビーシュリンプを飼育する際、
安価な吸着系ソイルを購入しました。

当時は、あまりソイルに付いて理解していませんでした。
単純に吸着系だと早くレッドビーを飼育できるということ、
栄養系だと立ち上がりが難しいということから吸着系を選択しました。

ソイルについて少しだけ理解が進んだ今では
栄養系が良いのではないか?と考えています。

最初我慢すればバクテリアが沸いてくれる
ということですよね?
まぁ、使ってみないとわからないところもありますが、
次は栄養系ソイルで立ち上げたいです(希望
でもマスターソイル半分以上残ってるのよね・・・

次回Part5では吸着系ソイルのブレイクの仕組みと
そのときの対処について記載します。

テーマ:熱帯魚 - ジャンル:ペット

  1. 2016/04/11(月) 11:13:54|
  2. ソイル
  3. | コメント:2

【イオン交換】ソイルが弱酸性にする仕組みPart3

どうも、こんばんは。
redbee379です。

ソイルは陰イオンという事実を知り、
多くの謎を解き明かしたredbee379。
今回はソイルが水質を弱酸性にする理由を解き明かす(キリっ


ソイルの吸着効果、前回の振り返り


土壌(ソイル)はマイナスの電荷を帯びている。
そのため、ソイルはプラスの陽イオンを吸着する。

CaイオンとMgイオンは陽イオンのため、ソイルに吸着する、
これで水道水は軟水の水質になる。

では、若干アルカリ寄りの水道水はどういった仕組みで
弱酸性に変化するのだろうか?


マスターソイルノーマル袋

ソイルは何を吸着し、何を手放しているのか?


前回のソイルの仕組みPart2に記載しましたが、
何かを吸着するには既に吸着している何かを手放さなくてはいけません。
イオン交換ってやつですね。
まずは、水槽内でアクアリストが目にする陽イオンを挙げてみます。

水素イオン(H+)
カルシウムイオン(Ca2+)
マグネシウムイオン(Mg2+)
アンモニウムイオン(NH4+)
う・・・思ったより少ないけど、思いつかない・・・まぁいいや。
これらはどういった優先順位でソイルに吸着されるのでしょうか。

結論を言うと、原子価によって決まるようです。
昔、習った結合の手の本数ですね。
水素は一本の手、酸素は二本の手を持つ。
酸素に2つの水素が結合して水になる。

ということは・・・
Ca2+>Mg2+>NH4+>H+
上記の優先順位となります。
※左側ほど吸着する、右側ほど離しやすい

ソイルはイオン交換により水素イオンを放出し、弱酸性とする


なるほど。
マスターソイルの袋に軟水の水を作ると記載ありました。
これはカルシウムイオン、マグネシウムイオンを吸着する意味ですが、
それと交換して元々吸着していた水素イオンを手放していることが分かりました。

ソイルの仕組み1

ソイルの仕組み2
※画像はイメージです

これにより若干アルカリ性の水道水が
水素イオンの数が増え弱酸性としている・・・
よく理解できました。

他に流木から出る色素を吸収。
水の透明度を保つと書いていますが、
大体の予想は付きますね。

さて、次回は栄養系ソイルと吸着ソイルの違いについてです。
名前が違いますが、具体的に何が違うのか。
恐らく、ピンと来ている方も大勢いらっしゃるはず。

★→【最新】人気のソイルは?最安値をチェック!!【楽天】★

このエントリーをはてなブックマークに追加

テーマ:熱帯魚 - ジャンル:ペット

  1. 2016/03/30(水) 13:59:31|
  2. ソイル
  3. | コメント:2

【ソイルは陰イオン】吸着系ソイルの仕組みPart2

みなさん、こんばんは。
redbee379です。

前回のあらすじ
磁石はN極とS極が引かれ合う。
同じ極だと反発してしまう。

MgイオンとCaイオンは陽イオン。
それならば、水酸化物イオンは陰イオンのため吸着できない。
どうやって、ソイルは弱酸性の水質にするのか、
頭を抱えるredbee379。

そんな中、ある一言が物事を解決する。

マスターソイル 吸着

土壌は負の電荷を帯びている


ある日、ぼけっと外を眺めていました。
畑で土壌の改良をしていて、その筋の人が家族と話していました。

土の話で盛り上がっていたのですが、
「栄養分を土が保ってくれる」という話をしていました

物は試しとばかりに作業を終えた年寄りを捕まえます。
「土が栄養分を蓄えるって、水やったら地下に流れてしまうんちゃう?」
「そらぁ、お前、違うで。」
「どういう理屈なん?」
「土は、栄養分を引き寄せるんじゃ」
「どういう意味?」
「土は負に帯電しとるんじゃ」
「天才!」

検索して調べると、その通りみたいです。

じっちゃんの名にかけるどころか、じっちゃんのお陰で一つ謎が解けました。

ソイルは負の電荷を帯びているため、水酸化物イオン(OH-)は吸着できない。
そして、Caイオン、Mgイオンを吸着して硬度を下げる。

脱線しますが、基本的に僕ですね、年寄りは偏屈で頑固。
これ以上書くと自主規制が必要なレベル。

つい、半年ほど前に、
くそじじい「郵便物うちに入っとったで?」
僕「あぁ、どうも」
ぼけじじい「もっと表札でかくせい」
僕「は?なんで?それで何が変わるの?」
もうろくじじい「あsdfghj、今回は特別。次間違えたら捨てる」
僕「はい、法律違反w」
じじい「あsdghjkl」

いや、小学生が喧嘩して「お前の母ちゃんでべそ」ってくらい、
解決からほど遠い、ただのいちゃもんですよ。

だって、誤配したのは郵便配達員なんだから。
そこに連絡しないと、何の解決にもなりませんよね?
ってここで愚痴ってもしょうがない。

このじいちゃんのお陰で2ヶ月くらいは
年寄りに対する偏見を改めようか・・・

マスターソイルで飼育するレッドビーシュリンプ

ソイルはどうやってpHを酸性に保つのか?


では、吸着系ソイルはどうやって水質を弱酸性に保っているのでしょうか?
ソイルは負の電荷を帯びている。
よって、OH-は吸着しない。
かといって、H+を吸着するとアルカリに寄ってしまう。

この疑問はソイルは負の電荷を帯びているという事実があるので、
さほど袋小路には迷いませんでした。

ソイルは負の電荷。
購入したばかりのソイルには何かの陽イオンが既に付着している。
それでもカルシウムイオンやマグネシウムイオンを吸着する。

僕がレッドビーシュリンプバンド柄を右手に、日の丸を左手に持っている。
そこでモスラを持つには、どちらか離さなくちゃいけない。

「これがイオン交換か!」

イオン交換とは
ある種の物質が示す、接触している電解質溶液に含まれるイオンを取り込み、
代わりに自らの持つ別種のイオンを放出することで、
イオン種の入れ換えを行う現象または能力。
wikipedia最終更新 2013年3月21日 (木) 11:11 より引用。

Caイオンやマグネシウムイオンを吸着するために、
水素イオンを交換するということか。


化学というか自然というか、すごい。
土が栄養を保持するから、植物が産まれたのか。
植物が必要とするから、土壌が栄養分を引き付けるのか。
鶏と卵どっちが先みたいですが、面白い。

だるまメダカ

ソイルで知るイオン交換の仕組み


無駄話が過ぎました・・・
これ以上は、長くなるので次回。
ソイルで弱酸性の水質になる仕組みを紹介します。

★→【最新】人気のソイルは?最安値をチェック!!【楽天】★

テーマ:熱帯魚 - ジャンル:ペット

  1. 2016/03/22(火) 20:27:37|
  2. ソイル
  3. | コメント:2
次のページ